2012年06月09日

2012年5月20日須磨ハイク

雨で1回休み、摩耶山は断念しましたが、鬼の根城の手掛かり探しは最終局面を迎えました。
昨年の秋の舎営で「須磨」「カブスカウト」「始まった場所」に鬼の根城の手掛かりがあることを突き止め、その場所に向かって訓練を積んできました。
やっと、その時が来ました。
手掛かりをゲットすれば、夏休みは、いよいよ鬼退治です。
頑張るぜ!

2012.5.20須磨ハイク活動予定表.pdf

2012.5.20須磨ハイク指令書.pdf

今回のスタートは妙法寺駅です。
スタートクイズは、いつものロープワークと思いきや・・・
今回は歩測でした。
しかも、決まった2点間の距離を測るのでなく、15mと思われる地点を
組全員で決めなさい、という、ちょっと歩測レベルアップの問題。
みんな四苦八苦してました。今回は後ほど、定点を歩測するので、
再度、歩測の確認ということでスタートクイズに出題。
みんなロープ持ってきて、どうするん?

20120520_1.jpg

20120520_2.jpg

20120520_3.jpg

スタートクイズを解いたら、指令書と地図とあとは自分たちの頭で道を見つけて
進んでいかないといけません。
レベルアップした君たちには、ヒントは必要ないよね。
みんなで協力していけば、絶対大丈夫さ!

須磨アルプスも楽々突破しました。

20120520_4.jpg

20120520_5.jpg

20120520_6.jpg

この長い階段を下れば高倉台。難関を一つ突破です。
20120520_7.jpg

住宅地に入ったからと安心していたら、ちょっと長い歩測がありました。
途中でカウントを忘れちゃった子もいたけど、何とかみんなできました。

ほっとしたのもつかの間、目の前の鉄拐山を越えるのに、また階段・・・
スカウトたちは、平気だったよね。リーダーたちは、げんなり・・・

20120520_8.jpg

あとは下れば良いだけです。
20120520_9.jpg

今回のルートは六甲全山縦走路の一部です。赤い矢印の部分が今日のルート。

付近の案内板や地図を見ると、「一ノ谷」の地名が見られます。
20120520_10.jpg

20120520_11.jpg

「坂落とし」の文字も見られますね。
そうです、源義経が一ノ谷の合戦で急坂を軍馬ごと駆け下り、
平家に奇襲をかけたのが、このあたりとされている場所です。

20120520_12.jpg

歩いて、しかも下りる分には、それほどではありませんが、
馬で駆け下るとなると、それは凄まじいものだったでしょうね。

山の斜面を下り、一ノ谷町の市街地に入ってすぐに小さな公園がありました。
そこには、時の天皇の「安徳帝内裏跡伝説地」の石碑がありました。

20120520_13.jpg

目的地の須磨浦公園は、もうすぐです。
山陽電車の下をくぐると、目の前は松林、その向こうにはすぐ海が。
そして、みんな、すぐに気が付きました。
指令書に載っている、目的の銅像が・・・

20120520_15.jpg

20120520_16.jpg

そうです、ここは僕たちにとても関係のある、重要な場所だったのです。

ここで鬼の根城の手掛かりをゲットしたのは1組でした。

20120520_18.jpg

じゃ〜ん、ついに鬼の根城の場所がわかりました!みんな、興味津々ですね。
鬼の根城の手掛かり(須磨ハイク).pdf

今日の優秀組は3組でした。
20120520_17.jpg

お疲れ様!これで、山プログラムは一応終了しましたが、
まだまだ、鬼退治への特訓は続くのですよ・・・

posted by CS staff at 23:03| Comment(0) | 予定表・指令書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。